代表的な桜の三種類を知り よりお花見を楽しむ【日本人とさくら】①

hikarunこんにちは。長年旅のお仕事をしているhikarunです♪

あなたの人生に心豊かな旅が届きますように~♪


弥生三月、日本の春を代表する花、桜の開花が進んでいますね。

・桜のお花見って楽しみだけど、どんな種類があるの?

・よく見る桜の種類だけでも知りたいわ

身近な桜を少し知るとお花見も楽しくなりますよね。


そこで、この記事では、代表的な桜3種類とhikarunのおすすめの桜名所3ヶ所をご紹介します。

 

代表的な3種類の桜の花とは

・ソメイヨシノ
・エドヒガン
・ヤマザクラ

そう、とても馴染み深い桜ですね。


コロナ禍の影響で今年の春もお花見は難しいようですが、知って近隣の桜をお楽しみくださいませ。^^


最新の桜情報はこちらの記事からどうぞ。今年の桜がなぜ早い開花なのか理由も分かりますよ。

 

※新型コロナウイルスの影響の元、各自治体により自粛要請などが行われています。「桜祭り」や「お花見宴会」は取り止めなど、お出かけの際は各地の最新情報をご確認ください。また、感染拡大防止のご協力をよろしくお願いいたします。

日本の桜は原種が11種。「基本野生種」から生まれた


そもそも桜とはどんな樹木なのでしょうか?



桜の学名はバラ科サクラ属サクラ亜属に分類された落葉広葉樹になります。



その原種は現在11種確認エドヒガン、オオシマザクラ、ヤマザクラなども原種です。



そして、交配種や園芸種など、いわゆる栽培品種は380以上の品種がうまれています。
(引用 『桜図鑑』日本花の会)

その中でもお花見として昔から人気の桜がソメイヨシノ、エドヒガンザクラ、ヤマザクラなんです。

特にソメイヨシノは人気があり、全国に一番多く植樹された品種でもあります。


ではまずソメイヨシノから見てみましょう。

 

ソメイヨシノ : 江戸の染井村生まれ、花も大きくて植樹しやすい人気物

ソメイヨシノ

 

ソメイヨシノの親はエドヒガンとオオシマザクラです。この2種の交配によって生まれました。

 

起源は江戸時代末期、植木職人が集まっていた江戸の染井村(東京都豊島区)。



当時人気のあった「吉野桜」として売り出されたのが始まりです。

明治になって学者の藤野寄命(ふじのよりなが)が上野公園の桜が「吉野桜」とは違うことを発見し、染井村の名前を取り「ソメイヨシノ」と名付けました。

その後ソメイヨシノは各地に植樹され、特に昭和の戦後には全国的に植えられ日本で一番多い桜の木になったのです。

なぜ、戦後ソメイヨシノが全国に多く植えられたのでしょうか

その主な理由は、ソメイヨシノは接ぎ木で増やしやすく、花が大きく華やかだったからなんです。


他の理由もまとめます

・植樹が全て接ぎ木か挿し木で、比較的簡単に増やせる


・若木から花が咲く。


・葉より先に花が咲き、満開時は木に花だけ塊って咲くため華やかである

 

他にも、花の色も変化していきます。つぼみの時は少し濃いピンク、咲くにつれて薄いピンク色から満開時に白くなる特徴があります

エドヒガンとオオシマザクラの両親の良い所取りで、これ以上 良い桜は出てこないだろうともいわれています。

ただ、そんなソメイヨシノも病気に弱く、寿命が他の桜に比べて短いという弱点があります。


そのため…

現在のソメイヨシノは老齢化のため今後2種の代替種に代わっていきます。

ソメイヨシノの寿命は60年~70年位。そのためジンダイアケボノコマツオトメ2つの品種に変えられています。
(「日本花の会」より)


ちょうど、東京や全国の都市のソメイヨシノは戦後一斉に植樹され、すでに76年位の樹齢になります



すっかり老木で寿命なんですね。「ソメイヨシノは生長が早いが、老化も早い」ともいわれる由縁です。


前述の2種は「てんぐ巣病」に強く、ソメイヨシノと同じころ開花し、花色はやや赤みが強く華やかさもあるため同様に楽しめるようです。


今後、日本の桜はソメイヨシノからこれら2種の桜に替わっていくのかもしれません。少し寂しいような気もしますが、未来の桜に期待してお花見を楽しみたいですね。

以上、日本で一番多く植樹されている桜、ソメイヨシノのご紹介でした。

エドヒガンザクラ : その強い生命力は、日本各地に名木の桜で残る

エドヒガン

2番目のご紹介はエドヒガンザクラです。この桜はとても生命力があり長寿の桜です。



日本各地に名木として残っている桜の多くがエドヒガンザクラといわれています。人々に愛され大切にされてきた桜です。



そのエドヒガンザクラの特徴は

・葉より先に花が咲き、花びらは5枚、薄ピンクから満開時に白くなる。

・こんもりとした山のような樹形である。


・生命力があり長寿。

 

上記の理由で古くから鑑賞用の桜として愛でられてきました。

 

実際、お花見の代表ソメイヨシノはこのエドヒガンザクラが親です。葉より先に花が咲く華やかさを受け継いでいますね。

ちなみにエドヒガンの漢字は江戸彼岸と書きます。江戸で春のお彼岸のころに花が咲くから名づけられました。早く咲く桜ですね。

では、次にhikarunのおすすめのエドヒガンザクラの名木を2つご紹介します。

山高神代桜(ジンダイザクラ)は樹齢2,000年余りの名木

山高神代桜(ジンダイザクラ)

一つ目は山高神代桜(ジンダイザクラ)です。

 

山梨県北杜市の実相寺の境内にある樹齢が2000年余りともいわれるエドヒガンザクラです。

 

日本三大桜の一つでもある名木です。(他2つ、福島県の三春滝桜、岐阜県の淡墨桜) 国の天然記念物でもあります。

 

桜が咲く頃になると人々が心から魅せられてしまう、そんな桜です。

 

なぜなら、遥かな時の流れを超えて悠然と今なお生き続けているからなんですね。

 

花が咲くとさらに神秘さを増し人々を感動させてくれる大きな古木です。

 

実際の大きさは、高さは10.3m、幹周り11.8m、枝張りは東西 17.3m・南北 13.0mあります。

 

人々が桜を愛でながら手を合わせる姿も見られるでしょう。

 

神代桜の見ごろは、昨年2020年は3月24日頃でした。例年(4月7日頃)よりとても早かったのですが、今年も同じように早い開花となりそうです。

 

他にこの境内で、ソメイヨシノ(30本)、ラッパ水仙が(8万株)もご一緒にお楽しみいただけますよ。

『石割桜』は力強さと逞しさ、観るだけでパワーと勇気をもえる

石割桜 

2つ目は、「石割桜」(イシワリザクラ)と言い岩手県の盛岡市にあります。



エドヒガンザクラの力強さと逞しさが感じられる、観るとパワーと勇気を貰える桜です。

それもそのはず、周囲21メートルもある巨大な花崗岩を割ってエドヒガンザクラは今も伸びているんですね。



樹齢も360年といわれ、大正12年(1923)には国の天然記念物に指定されています。

実際の樹の高さは11メートル位あり、堂々とした姿に満開の花が咲くと とても見事です。

では、なぜ岩の割れ目から桜が生えてきたのでしょうか?

色々な説がありますが、


一番の有力説が「嵐の夜に雷が落ちてその時に石が割れた。その後、割れた石の隙間から桜の木が生えてきて、桜の生長とともに根の力によって石が割れ、ついに完全に割れた」というものです。


古書の記録などからこの説が有力とされています。

このエドヒガンザクラを愛でると、北国、東北の人々の力強さと逞しさを知れるような、そんな素晴らしい桜です。
是非一度ご覧になってみてくださいね。

以上、おすすめのエドヒガンザクラ2つをご紹介しました。

ヤマザクラ : ソメイヨシノ以前ではお花見をしていた日本古来の桜です

ヤマザクラ

では最後にヤマザクラですが、日本古来からの桜です。

ソメイヨシノ以前はこのヤマザクラがお花見の桜でした。古くから人々に親しまれていたんです。

その古さは、日本最古の和歌集「万葉集」にもこのヤマザクラが歌われているほどです。



ただ、その時代の花見は「梅」だったため、和歌も梅が中心に歌われています。ヤマザクラは少しだけなんです。

このヤマザクラの特徴は、

・個体差がある。白色、薄ピンク、ピンク色の花等がある。

・花と葉がほぼ同時につき、 花弁は5枚、若葉は葉に赤みがある。

・長期間お花見を楽しめる。

という特徴があります。

あと、ヤマザクラの樹皮は樺細工に昔から利用されています

それから、ヤマザクラの良い所はお花見が長期間楽しめることです。

なぜなら、ヤマザクラは同じ場所で生育していても、各々の木によって開花の時期が違うからです。


一週間以上もずれて咲くので、長期にわたって楽しめますよ。

逆に、現在人気のソメイヨシノは同じ環境の場合、一斉に花が咲くので、とても美しく見応えがありますが、短期間で花期は終わります。

それでは、そのヤマザクラの 代表的な 桜名所、奈良県の「吉野の桜」をご紹介します。


hikarunもコロナ禍以前は毎年何度も足を運んでいた、とても人気のある桜の名勝地です。

「吉野の桜」は 目に千本の桜が一度に見える豪華さ

吉野山

吉野山は山全体に約3万本のシロヤマザクラを中心に咲き誇ります


その景観は圧巻で「目に千本見える豪華さ」とたとえ「一目千本」といわれています


「一目千本」は下千本、中千本、上千本、奥千本と4ヶ所に分かれています。

花見のシーズンは、下千本~奥千本へと開花していきます。また広範囲に開花時期もずれているため長期間楽めます。(例年は桜祭りが3月下旬~4月下旬の約1カ月)

夜にはライトアップもされてて、日中とは違った幽玄的な雰囲気が素敵です。

桜のお花見の他にも吉野山には たくさんの歴史的な社寺仏閣があります


源義経が身を隠した吉水神社、1300年の歴史を持つ東南院、後醍醐天皇の勅願時の如意輪寺、吉野山最古の大海人皇子ゆかりの大日寺等々たくさんの見どころが満載です。


もちろん山の上でも売店やお土産屋さん、飲食店もたくさんありますよ。

その中でhikarunがオススメしたいのが、中千本にある金峯山寺蔵王堂です。

出典 : 金峯山寺蔵王堂


吉野山のシンボル的な存在ですが、ここの御本尊の蔵王権現像3体が素晴らしいんです。


青の蔵王権現様で、高さが7メートル余り。とても迫力があり、3体の蔵王権現様の前に座ると最初は少し怖いんですが、見つめてると邪悪なものを取り払って貰えたような清々しさを頂けるご本尊さまです。

吉野桜: 見ごろ  開 花 予 想 満 開 予 想
下千本 3/24 3/31
中千本 3/26 4/2
上千本 3/29 4/5
奥千本 4/3 4/10


2021年吉野山桜開花状況(吉野町)

まとめ

今回は「桜」の日本の代表的な ソメイヨシノ、エドヒガンザクラ、ヤマザクラの3種類についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

それぞれに特徴がありましたが、ここでまとめてみますね。

 

ソメイヨシノは江戸時代末期に江戸染井村から始まった、まだ新しい品種です。

・植樹が全て接ぎ木か挿し木で、比較的簡単に増やせる

・若木から花が咲く。


・葉より先に花が咲き、満開時は木に花だけ塊って咲くため華やかである



エドヒガンザクラは生命力があり寿命も長い桜です。

・葉より先に花が咲き、花びらは5枚、薄ピンクから満開時に白くなる。

・こんもりとした山のような樹形である。


・生命力があり長寿



ヤマザクラは、日本古来からのお花見の桜です。

・個体差がある。白色、薄ピンク、ピンク色の花等がある。

・花と葉がほぼ同時につき、 花弁は5枚、若葉は葉に赤みがある。

・長期間お花見を楽しめる。


現在、桜の原種は11種確認されており、栽培品種などは380種以上もあります。


それらの品種の中でソメイヨシノ、エドヒガンザクラ、ヤマザクラは私たち日本人にとって身近で馴染み深い桜です。


きっと、あなたの住む近隣にも素敵な桜たちが咲いていることでしょう。

その桜を愛でるときに少しでもこの記事を思い出して頂くと嬉しく思います。

他にも桜の関連記事を掲載しています。良かったらこちらからどうぞ~。


あなたが桜を愛でるのは『日本の美意識』を今も受け継いでいるから【日本人とさくら】②
桜と『日本の価値観』の関係は武士道からつながる【日本人とさくら】③


それでは、長くなりましたが最後までお読み頂き誠にありがとうございました。あなたに心から感謝いたします。


では次回、またお会いしましょう~
それまで、お元気でいてくださいませ !

ごきげんよう~、ひかるん、 るん♪ るん♪⤴


 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました